もりもと皮膚科クリニック|福山市|皮膚科|小児皮膚科|アレルギー科|形成外科|森本 皮膚科 森本謙一
(c) Copyright 2017 by Morimoto-hifuka clinic, All Rights Reserved. Web Direction & Design : K. Morimoto
アレルギー アトピー じんましん 蕁麻疹 乾癬 脱毛 脱毛症 水虫 イボ いぼ ニキビ にきび できもの 湿疹 かぶれ カブレ 爪 巻き爪
帯状疱疹 ヘルペス ホクロ ほくろ ケガ 傷 キズ やけど ヤケ
www.
morimotohifuka
.com
​順番受付QR →
​携帯電話OK

September 27, 2019

September 7, 2019

August 5, 2019

Please reload

最新記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

特集記事

オマリズマブ

November 3, 2017

もりもと皮膚科クリニックの森本謙一です。

11/3(祝)は、広島で行われた講演会に参加してきました。

特発性慢性蕁麻疹に対する、新しい治療のお話しです。

特発性慢性蕁麻疹は、1か月以上、特に誘引なく蕁麻疹の出没が続く病気です。かゆみで困っている患者さんがたくさんいらっしゃいますが、抗ヒスタミン薬の内服で症状がよくなります。

しかし、治療してもなかなか改善せず、抗ヒスタミン薬を倍量投与しても、あるいは2種類以上組み合わせてみても、かゆみが収まらずに困っている患者さんがいらっしゃいます。

保険適応のある有力な薬が他になく、これまでは治療に困っていましたが、今年からオマリズマブという新しい薬が使えるようになりました。

 

蕁麻疹は、皮膚のなかのマスト細胞から、化学伝達物質が放出されることで起こります。マスト細胞の活性化には、IgEという物質が深くかかわっています。

新しい治療薬であるオマリズマブは、このIgEに作用することで、マスト細胞の活性化を抑制し、蕁麻疹を改善させます。10人に投与すると、9人には何らかの改善効果がみられ、うち6人は蕁麻疹がかなり楽になります。月に1回、病院で皮下注射する薬です。副作用はゼロではありませんが、比較的安全に投与できます。問題は値段で、1回分の薬剤費が9万円ちょっと(!)しますので、3割負担の方では1回の治療が約3万円ということになります。

 

当院でも、投与できるように準備を進めていて、近日中に投与可能になる予定です。

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

タグから検索