もりもと皮膚科クリニック|福山市|皮膚科|小児皮膚科|アレルギー科|形成外科|森本 皮膚科 森本謙一
(c) Copyright 2017 by Morimoto-hifuka clinic, All Rights Reserved. Web Direction & Design : K. Morimoto
アレルギー アトピー じんましん 蕁麻疹 乾癬 脱毛 脱毛症 水虫 イボ いぼ ニキビ にきび できもの 湿疹 かぶれ カブレ 爪 巻き爪
帯状疱疹 ヘルペス ホクロ ほくろ ケガ 傷 キズ やけど ヤケ
www.
morimotohifuka
.com
​順番受付QR →
​携帯電話OK

September 27, 2019

September 7, 2019

August 5, 2019

Please reload

最新記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

特集記事

日本アレルギー学会(その1)

June 19, 2017

6/17(土曜日)日本アレルギー学会(東京国際フォーラム)で拝聴した講演内容についてご紹介します。

日本鋼管福山病院 小児科の 宇野 浩史 先生の御発表です。『カシューナッツに対してアレルギーがある方のうち、一部の方はペクチンに対してもアレルギーを起こすことがある』という内容です。

ペクチンは柑橘類をはじめとする果実に比較的多く含まれています。増粘多糖類としてジャムなどの製造に用いられます。他にもさまざまな食品に含まれています。

過去の症例報告についても検討されており、カシューナッツアレルギーとペクチンアレルギーに関連性(交差反応)があることが示されました。交差反応のメカニズムはまだ不明です。

頻度はそれほど高くないかもしれませんが、原因不明のアナフィラキシーを繰り返す場合、原因食物(食品添加物)の候補として検査対象に含めてもよいかもしれません。まずは詳細な問診を行い、ナッツアレルギーの既往、ペクチンを含んだ食品の摂取状況について確認することが必要ですね。

まだまだ知らないことがたくさん。新しい治験もどんどん増えます。とても勉強になりました。宇野先生、ありがとうございました!

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

タグから検索